Welcome!

当ブログにお越し頂き、ありがとうございます。
こちらでは管理人の撮影した写真を、気ままにアップし公開しています。

「気ままに」と書きましたように、更新は不定期、内容も凝らずに、気軽に続けていこうかと思っております。そのため、皆様がブログに期待するような内容とはならないかもしれませんが、予めご了承ください。

なお、撮影の腕(テクニック等)や画風については、言うまでもなく未熟であります。気になる点も多いかと思われますが、そこは大目に見ていただければと存じます。


最後に、当ブログをご覧頂き、少しでも楽しんでいただければ、新たに鉄道や写真に興味を持っていただければ幸いです。(そこまで大層な記事を書けるとは思いませんが…^^;;)

続きを読む

取り替え工事中…

ここ数ヶ月は、遠鉄やらフリーゲージトレイン3次車(FGT3)やらで、地元での新幹線撮影はかなりご無沙汰していました。
先日、久しぶりに平日の休みが取れたので、こういう時に撮っておかないとな…と比較的近場で手頃な伊場陸橋へ。が、そこで見たのは両サイドを工事用の足場に囲われ、新幹線が見えなくなってしまった陸橋の姿でした。

0126.jpg
完成時から取り替えていないのかな?と思うくらい錆びていた伊場陸橋のフェンス、数年前から取り替えの話は聞いており、今年初めには既存のフェンスが一部取り外され仮設フェンスが取り付けられていたので時間の問題かな…と思ってはいたのですが、実際に目にすると「とうとうか…」と感じてしまいます。
ただ、写真のようなカットは撮れないものの、それ以外のアングルでは一工夫すれば撮れるので、その点では良い方なのでしょうか。気軽に撮れなくなってしまったのは痛いところですが…屋根上にいろいろ載せてくるN700系X0編成、もう少し真上から狙いたかったですね。。。

場所が場所なので作業によっては新幹線の運行時間帯外で行わないといけないものもあるでしょうし、工事案内の看板には終期が記載されていなかったので、工事はしばらく続くものと思われます。
このご時世ですので、取替後のフェンスがこれまでより撮りやすい…ということは無いでしょうけれど、本来の目的は線路上への落下物を防ぐためのもの、新しいフェンスで新幹線の運行がより安全なものになることを期待したいですね。

異形式併合

ある日の夜、遠鉄の踏切で電車が通るのを待っていると、下りなのに30形51号が先頭に立つ列車が来ました。「25号と連結位置を入れ替えたんだろうか」と思って更に待っていると…

0124.jpg
なんと後に連結されていたのは1000形でした!システムが違うため、通常は連結することはない30形と1000形の本線上での併結運転、夢でも見ているのでしょうか。。。


もう大半の人はお気付きだと思いますが(そりゃそうだ)、先々月中頃に1007号が上島駅~自動車学校前駅間で不具合を起こして運転不能となった際の救援列車での1シーンです。
不具合が起きたのは夜遅くで、今年1月の1001号パンタ不具合のような振り替え輸送はなく比較的短時間で運転再開となりましたが、1007号は自力運転が困難だったようで、救援列車に牽引されての回送となったようです。
最初はてっきり、西鹿島駅から何らかの編成を送り込むとばかり思っていたのですが、待てど暮らせど来ず…まさかと思って移動してみたら、写真のような状況でした。この日は週半ばでしたので、翌日の4両運転用の編成を確保するため新浜松駅に留置されていた51号を西鹿島駅へ戻す必要があったのは確かですが、まさか救援列車も兼ねて回送するとは予想外でした。

0125.jpg
西鹿島駅構内では、入場車両の入換のために30形が1000形や2000形を連結して移動している姿はよく見ますが、まさか本線上で30形と1000形の併結運転が見られるとは思ってもいませんでした。
もっとも、これも不具合が発生してしまったが故の出来事なので、珍しいものが撮れたとあまり大喜びはできないのですが。。。

今回の不具合原因が何だったのかは公式発表が無いので分かりませんが、今年に入って車両不具合やダイヤの乱れが多い(ように感じるだけかもですが)ですので、大きな事故が起きないよう、安全に十分気をつけてほしいところです。

続きを読む

フリーゲージトレイン検証走行試験 その8

熊本駅から熊本車両センターへと引き上げたフリーゲージトレイン3次車(FGT3)は、しばしの間、そこでお休み。新聞等の記事によると、車軸の摩耗探傷を行っていたようですね。

日も傾いてきた頃、再び出庫してきて新八代へと下っていきます。新八代からの上り列車は地上ホームに入りましたが、下り列車は高架ホーム発着。当時は建設中のホーム屋根がまだ伸びてきていなかったため、これは狙える!と、宿泊していた駅前ホテルの自室でFGT3の到着を待ちました。が――

0123.jpg
この日は大規模な輸送障害が発生。もちろん鹿児島本線も大幅にダイヤが乱れ、時間になってもFGT3は姿を現さず…
結局、姿を見せたのはすっかり日が暮れてしまった後。一部区間と一部列車を運休にしても所定ダイヤには乗れず、新幹線区間へも遅れたまま乗り入れていったようです。

この日はちょうど曇り空。晴れたら逆光になるこの場所で撮るならばちょうど良い天気…と思っていたのですが、その分暗くなってしまうのも早く、今回は完全に徒となってしまいました。。。

元の形に

今年1月、遠州鉄道1000形1001号が自動車学校前駅で不具合を起こし運転不能に。その後、救援を受けての移動中に再度運転不能となり、さぎの宮駅と上島駅の間で6時間近くに渡って運転見合わせ(代行バス運転)となるトラブルがありました。
ツイッター等での状況や公式発表を見る限りでは、自動車学校前駅で何らかの原因によりパンタグラフが破損、その後救援列車と連結して移動中に破損したパンタグラフが架線と接触しハンガーを破損(切断)させてしまった…という感じでしょうか。架線を痛めてしまったということで、復旧に時間がかかったようです。
0121.jpg
トラブル翌日はちょうど休日ということもあり、空いた時間で西鹿島へ。着いてみると、1001号が2番線という、普段ではまず無いであろう場所で分割をしていました。
破損したパンタグラフは、アームより上部が完全にありません…パンタグラフが脱落したという書き込みもあったことから、根こそぎ取れてしまったのでしょうか。。。

この後、1001号はクハ車(クハ1501)を2番線に残してモハ車(モハ1001)を工場内へ。それに伴い、工場へ入場していた1007号を移動させる等、休みであるはずの工場もフル稼働?でした。
0122.jpg
夕方には再度編成組成を行い、無事に自力走行が出来るまでになっていました。パンタグラフは1000形標準の菱形に。構内移動の状況等を踏まえると、入場中の1007号のパンタグラフを搭載したようです。2004年に開催された浜名湖花博の前頃にリニューアル改修を受けた際、2000形2002号以降と同じシングルアームパンタグラフとなった1001号、13~4年ぶりに本来の形?に戻りました。

その後は営業運転に復帰し、大きな不具合は起きていない模様の1001号。30形を除けば最も古い編成となりますが、まだまだ元気に走ってほしいですね。

続きを読む

プロフィール

celestial

Author:celestial
Rail Stars別館。更新を期待してはいけないブログ。。。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
今後追加予定
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク